束ね熨斗 – 引き振袖

束ね熨斗 - 引き振袖

商品の紹介

  

  

  

  

  

商品詳細 熨斗(のし)文様は、江戸時代から染織品の文様として使われています吉祥文様(縁起がいいとされ、延寿を象徴する文様)です。
そういった意を持つ熨斗の中に、手描き友禅で四季折々の花々を単彩な色調で表し、金箔・銀箔の小紋を施し、古典柄の中にも現代感を表現した作品です。

尚、こちらの商品では、手作業で、熟練した技術と作業時間が必要とされる、『描き疋田(匹田)』が施されております。

商品名 束ね熨斗(たばねのし)
着物の種類 引き振袖

※疋田(匹田)とは
絞り染め(布の一部を縛ったり、巻いたり、圧迫したりして、染料が染み込まないようにすることで模様を作り出す模様染めの技法の一つ)
で作られた鹿の子(鹿の背中の斑点に似ているため)のことを疋田(匹田)と言います。

そして、この疋田(匹田)を絞り加工で表現しないで、それに似た型紙で作り、型染めで表現したものを型疋田(匹田)と呼ばれ、手描きで染め上げたものを描き疋田(匹田)と呼ばれております。

型疋田(匹田)は簡単な作業で、量産できるものの、こちらの商品で使われております、描き疋田(匹田)は手作業であるため、熟練した技術と作業時間が多く必要とされます。

束ね熨斗 - 引き振袖
束ね熨斗 - 引き振袖
束ね熨斗 - 引き振袖
束ね熨斗 - 引き振袖

右側の紫色の熨斗(のし)にあります、赤いたちばなの下に『描き疋田(匹田)』を施しました。

束ね熨斗 - 引き振袖
束ね熨斗 - 引き振袖
束ね熨斗 - 引き振袖

トップへ戻る
カテゴリー: 着物 タグ: パーマリンク

関連する記事

この記事のことを誰かに教えたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック

京友禅の豆知識

京の風景